回り込み画像の余白


スポンサーリンク

下図のように、画像に文章を回り込ませる方法。
以前は、 vspace , vspace とかを img につけられたようだが、
CSSが普及してからは、それをCSSが抑制してしまっていたりする。
float-pict

これを実現するために、以下のように記入する。
<img src="・・・" style="float:left;padding:0px 10px 10px 0;">

ご覧のように float: left の後ろの padding 属性がそれだ。
padding のパラメータは以下のような図に表わすことができる。
class_area

margin は、ボックス全体の余白を表し、border は、線領域、padding は、コンテンツそのものの余白ということになる。
オプションは、以下の組み合わせを取る。

padding:10px; //上下左右:10px;
padding:10px 20px // 上下:10px 左右:20px
3つの時が悩ましい。
padding:10px 20px 30px; // 上:10px 左右:20px 下:30px
3para
padding:10px 20px 30px 40px; // 上:10px 右:20px 下:0px 左:40px;
「上から時計回り」と暗記する。

したがって左上に画像を配置するのなら、その逆の右と下に余白を設ける。
float:left; padding:0 10px 10px 0;
理論的には、右上ならば、左と下、左下なら右と上、右下ならば、左と上にそれぞれ余白を設定することになる。
※左下、右下は、どうやるんだろう? というか、必要?w
【重要】
回り込みの解除は、以下の通り。
<br clear="all">
left左回り込解除
right右回り込解除
all左右回り込解除
none何もしない

スポンサーリンク