VBA コピー領域解除/選択範囲解除


スポンサーリンク

Excel vba での コピー領域解除



コピーモードを解除してあげればいい。

コピーモードは、CTRL+C , CTRL+X などね。

コピーモード解除


Application.CutCopyMode = True

ちなみになんでこんなものを探したかといえば、

行削除を手動で行うために、行を選択して、移動させたのだ。

今思えば、単純に行を削除すればよかった。。。

けど、

1行削除するなら


row(ターゲット行番号).delete

複数行削除なら


range( cells(ターゲット開始行番号,1),cells(ターゲット開始行番号,1) ).delete

※range の解説で cells で指定する方法ってこんなだね。
※なぜか、文字で指定する(“B2:B4” みたいな)サンプルばかり。なんでだろう?

Excel vba での 選択範囲解除



ActiveCell.Select

現在のアクティブセルを選択してあげる。

選択範囲を解除するには、どこか1セルを選択する必要があるみたいだ。

別にそれでかまわないわけだけど、なんか納得できない気がする(笑)


スポンサーリンク