WelCart カスタマイズの基礎(1)


商品の登録

WelCart に商品を登録するのは面倒なので、一括登録を使うようにします。
データ数が多い時は、メンテナンスも一括登録を使うと便利です。
  1. 1件ダミーを登録して、商品マスター->操作フィールド表示->商品データ出力
  2. 落ちてきたCSVを開くと概ね何をいれるかわかると思います。
  3. すでにある物は、PostIDの列に数字が入っています。新規で上げる場合は、このPostIDを空欄にしておきます。
  4. ワードプレス側でカテゴリーを登録します。
  5. CSVのカテゴリー欄には、商品のカテゴリーIDと商品の所属するカテゴリーIDをエントリーします。
    ※この時の注意、カテゴリー欄には、所属するカテゴリーID , 「商品の所属するカテゴリーID」の順で入れます。
  6. CVSのAB列(SKUコード)欄には、=K19&”-種別” って入れておくと便利。
    つか、SKUコードって意味湧かなんないんだよね。どこに出るものなのか?
    SKUコードってのは、商品のボディ。だから、SKUコードは、商品種別+”-“+商品内種別って感じにしておくといい。
    例えば、マウスパッドの赤、青の2種類があったら、
    商品コード mouse0001 商品名 マウスパッド
    SKUコード mouse0001-00 SKU表示名 マウスパッド赤
    SKUコード mouse0001-01 SKU表示名 マウスパッド青
    こんな感じ。
    バージョンによって? 決済画面で商品名+SKU表示名で表示されたことがあるので、ここは、要確認
     
    縦列処理なので種別入れるの大変。別のシートで組み合わせ作ってコピーするのが楽かもしれない。
  7. データが出上がったら、商品マスター->操作フィールド表示->商品一括登録でデータを読み込ませます。
そんなことどうでもいいよって思った?知ってるからイラン情報だ!とか思った?ww
知りたいのは、画像じゃない?
 

商品の画像一括登録

問題の画像。
WelCartの商品ページはまぁ、いいわけよ。商品コードとファイル名を一致させてライブラリに登録すれば。。。
 
え?そのライブラリ登録が面倒だ?
 
だよねぇ~?wwww
これを使います。 WordPress Flash Uploader
 
プラグインを有効化してあげると、ダッシュボードのメディアのところがこんな感じになります。
2015y01m28d_211003264
Sync Media Library を実行させるわけだけど、そのまえに商品コード+画像拡張子の名前を付けた画像ファイルを wp-contents/uploads にアップロードしておきます。
※あとでぐちゃぐちゃにまざらないようにフォルダーを作ってフォルダーごとアップするといいね?
uploads 配下であれば、ちゃんと探してくれるので大丈夫。
 
アップロードが終わったら、先ほどの Sync Media Library を選択して
2015y01m28d_211017545
 
Import files to Media Library をクリックしておしまい。
 
ファイル名が間違っていなければこの時点で商品マスターを見るとサムネイルが表示されているはず。
 

商品のアイキャッチ画像一括登録

さて、次の画像問題だ。
メディアライブラリーに登録されたのはいい。問題は、アイキャッチ画像だ。
 
いまどきワードプレスでサムネイル(アイキャッチ)を出さないカテゴリー表示のものはない。
WelCartの画像処理は自分のことしか考えていないから、なんとアイキャッチは無視。
 
そこで使うのがこれ⇒Auto Post Thumbnail
 
このプラグインは、記事の中から img タグを探してそれをサムネイルにしてくれるプラグイン。
わかった?www
商品一括登録の前にひとつ作業するのね? つまり、記事の前にイメージタグを入れる。
そんなことしたら記事がおかしくなる?! よね? だから、イメージタグをコメントにしちゃうのだ。
このプラグインもいい加減でコメントアウトしてる img も含めて最初に見つけた img タグのURLを引っ張ってくる。
 
でも優れているのは、なんと URLでもちゃんと画像ファイルをダウンロードしてきてくれて、メディアライブラリに登録して、そんでもってアイキャッチにぶっこんでくれる。しかもアイキャッチが入ってる場合にはパス。
 
優れものでしょ?www
 
で、CSV形式の商品データの記事をこのように直す。つか編集する。
記事のセル内
この商品は、うちゃらうちゃらうちゃら。
これを
=”<!– <img src=””http://higehige.co.jp/simages/”&K7&”.png””> –>”&”この商品は、うちゃらうちゃらうちゃら。”
それから、CSVに出力する。
※このサンプルは7行目のやつを引っ張ってきたのでK7となってます。
※hogehoge.co.jp は、画像をアップロードしているサーバーの場所を指示しておきます。まぁどこにあってもちゃんとダウンロードしてくれるのでWelCartの入ったWPのURLでなくても大丈夫。処理速度は考慮してね?w
処理速度があるので、一回に全部ダウンロードさせるとサーバーによってはタイムアウトを起こすので、何回かにわけてもOK.
前述のようにすでにサムネイルの入ってるものは無視してくれるので。
 
で、商品CSVを商品一括登録で更新かけてから、
 
これ。
2015y01m28d_212823830
 
んで、これをクリックするだけ。
2015y01m28d_214016022
 
これで、おっしまい。
 
次へ> | 最後へ>>|