WelCart 買い物かごページのカスタマイズ


スポンサーリンク


WelCart の買い物 かごページのカスタマイズは、結構大変。

WelCart の買い物 かごページをカスタマイズするときのポイント


カスタマイズするファイルは2本。(たぶん)

1、usc-e-shop/functions/template_func.php
ここに、買い物かごの商品行表示の関数が入っている。

2、usc-e-shop/templates/cart/cart.php
ここに、買い物 かごページのヘッダ部、フッタ部が書かれていて、前述のファイルの usces_get_cart_rows() を呼び出している。

このファイルには、買い物履歴などの出力ブロックの生成部も含まれているので、併せて直すといい。


サムネイルのリンクを外したい


WelCartの商品ページを使わず、独自のページから買い物ができるようにした場合⇒Welcart の商品詳細ページを自分で作る

サムネイルを入れるとサムネイルにリンクが付いて、WelCartの商品ページに飛んでしまう。

これを阻止するために usc-e-shop/functions/template_func.php のサムネイル部分からAタグを取り外すのだが、そうすると今度は(もともと?)画像フィールドがおかしなことになる。

CSSがうまく設定されていないようだ。

なので、css の thumbnail クラスを調整してもいいし、前後のフィールドのクラスをもってきてもいい。

これは、ヘッダ、本体、フッタの3か所を直す必要がある。

Welcart が数量チェックなどをする場所


classes/usceshop.class.php の incart_check でやってるので、そこで検査できる。

if($_POST['itemOption'][$post_id][$sku][$value]=='1個' ){ ←
 if( $quant!=1 ){
  $mes[$post_id][$sku] .= "数量が正しくありません。<br />";
 }
 :


すると、エラーのときJAVAスクリプトのアラートでのメッセージを出せなくなる。
そこで対策l。

エラーメッセージを出すために以下のような処理をさせることになる。
要するに $block にエラーメッセージを取り込んで表示させている部分だが。
ここに javascript のアラートを入れておくと、ページは、リフレッシュされてしまうが、再入力を促すJAVAスクリプトのアラートを出すことができる。
$block = usces_singleitem_error_message($post->ID, usces_the_itemSku('return'), 'return') ;
if($block!=''){
$opt_line.= "<script type='text/javascript'>alert('".$block."');</script>";
$opt_line.= '<tr><td colspan="5">   <font color="#cc0000" size="5"><b>'.$block.'</b></font></td></tr>';
}


スポンサーリンク