ウィジェットエリアの作り方


スポンサーリンク

ウィジェットエリアの作成

 
ウィジェット領域に 「インフォメーション」というエリアを作る場合。
テーマの function.php (自分でテーマを作るのでなければ、(A)~(/A)の部分をコピーして貼り付けてやればいい)
<?php
//----- ここから ---
// ↓これは別の処理でヘッダー画像交換の処理用、この話には関係ないので、何か書いてあるって意味。
$args = array(
	'width'         => 1020,
	'height'        => 300,
	'default-image' => get_template_directory_uri() . '/img/header.jpg',
	'uploads'       => true,
);
add_theme_support( 'custom-header', $args );
//----- ここまで ---

//----- ここからが大事な?
if ( function_exists('register_sidebar') ) {
    //------ (A) -----
    register_sidebar(array(
        'name' =>'インフォメーション',
        'before_widget' => '<section class="info">',
        'after_widget' => '</section>',
        'before_title' => '<h2 class="main-title">',
        'after_title' => '</h2>',
    ));
    //------ (/A) -----
     :
  必要な分だけ書いてやる
     :
}
//---------------------------
 

ウィジェットエリアの表示部分の追加

実際の表示場所は、テーマのファイルの中の表示させるべきところに以下のように埋め込む。

<?php if ( !function_exists('dynamic_sidebar') || !dynamic_sidebar('インフォメーション') ) : ?>
<?php endif; ?>

スポンサーリンク