HTML,CSS,PHP,ワードプレスカスタマイズ 技術情報資料

ワードプレスのカテゴリーページにカテゴリーの説明文を入れたいが pluginはないか?

スポンサーリンク

普段あまり意識していないカテゴリーページですが、カテゴリーを分けている理由は必ず存在しています。
訪問してくれる方も、そのカテゴリーに属する内容に興味があって訪問してくれているわけですから、
あなたのサイトのカテゴリーが何を書いているのかカテゴリーを選択した時にその概略などが掲載されていれば、
訪問者にとって、わざわざひとつひとつの記事を確認しなくても「欲しい情報」の有無を確認できるわけです。

そこでワードプレスのカテゴリーページに「説明文」をいれたい。という需要が出てきます。

とか、わけわかめのことを書いたけど、まぁ、カテゴリーページに説明文、もしくは、それに類したものを入れたくなる理由は様々でしょう。

ということで、くだらない解説は、うっちゃっておいて結論です。

プラグインを使わずにワードプレスのカテゴリーページに説明文を入れる方法


ワードプレスのカテゴリーをみると、ちゃんと「説明」ってあるじゃないですかぁ。
2017y03m15d_071217376

ところがこれが表示されない。

これを表示させるには、外観 -> テーマ編集 -> category.php (ない場合は archive.php)

カテゴリーページのカスタマイズの余談というか豆知識


ワードプレスは、ページを作成するときにテンプレートを使用します。
例えば、カテゴリーの場合は、category.php を使用中のテーマから探しますが、
それがない場合は、archive.php を探します。
さらにそれがなければ・・・と使用するテンプレートに優先順位が存在していて、その順番に探していきます。

最終的には、index.php までさかのぼることになります。

このテンプレートの優先順位のことを「テンプレート階層」と呼びます。
この順番を覚えていれば、どのページの時にどのテンプレートを使うのか理解することができます。

ここの概観図で確認できます。
テンプレート階層 – WordPress Codex 日本語版

ターゲットのテンプレートの表示したい場所に以下のコードを差し込みます。
<?php echo category_description(); ?>

サンプル(オリジナル抜粋)
<h1 class="main-title">
<?php
  $cat = get_the_category(); $cat = $cat[0];
  $cat_data = get_option('cat_'.intval($cat -> cat_ID));
  if ($cat_data['h1']) { ?>
  <?php echo esc_html($cat_data['h1']) ?>
<?php } else { ?>
  <?php single_cat_title(); ?>
<?php };  ?></h1>

<div id="kiji-list">
<?php query_posts($query_string . "&order=DESC"); ?> ← フィルターを通してカテゴリーに属す記事を抽出しているのがわかる。
<?php $count=1; if (have_posts()) : while (have_posts()) : the_post(); ?> ← ここでカテゴリー記事をループしているのがわかる。
<?php if($count==2): ?>
  <?php if ( !function_exists('dynamic_sidebar') || !dynamic_sidebar('アドセンスレスポンシブ') ) : ?>
  <?php endif; ?>
<?php endif; ?>
<article>

サンプル(オリジナルのカスタマイズ)
前述のサンプルでカテゴリーに属している記事を表示させているループの前に「説明文」を表示させる。

<h1 class="main-title">
<?php
  $cat = get_the_category(); $cat = $cat[0];
  $cat_data = get_option('cat_'.intval($cat -> cat_ID));
  if ($cat_data['h1']) { ?>
  <?php echo esc_html($cat_data['h1']) ?>
<?php } else { ?>
  <?php single_cat_title(); ?>
<?php };  ?></h1>

<div id="kiji-list">
<?php query_posts($query_string . "&order=DESC"); ?> ← フィルターを通してカテゴリーに属す記事を抽出しているのがわかる。

<?php echo category_description(); ?> ←追加!追加!追加!

<?php $count=1; if (have_posts()) : while (have_posts()) : the_post(); ?> ← ここでカテゴリー記事をループしているのがわかる。
<?php if($count==2): ?>
  <?php if ( !function_exists('dynamic_sidebar') || !dynamic_sidebar('アドセンスレスポンシブ') ) : ?>
  <?php endif; ?>
<?php endif; ?>
<article>


ワードプレスのカテゴリーページにカテゴリーの説明文を入れるplugin


カテゴリーページに説明文をプラグインでいれられたら簡単じゃないですか?!
でも前述のように テンプレートに挿入しないといけないってことで基本的にない?!

カテゴリーページの表示そのものはテンプレートを使用しているわけで、
表示部分それぞれのフックがないってこともその理由。

結論から言えば、前述の category_description コマンドなどで説明文を取り込んだり、get_the_category などでカテゴリーコードなどをとりこんで「テンプレート内」でカスタマイズするということになります。

もちろん、最初からそうなっているテーマを使うというのも手。<本末転倒


スポンサーリンク

スポンサーリンク

よく使うタグ

・float クリア
<br clear="all"><div style="clear:both;" class="clearfix"></div>
・角丸め
round-radius
border-radius:5px; -webkit-border-radius:10px; -moz-border-radius:10px;
・div box
overflow:scroll;min-width:300px;max-width:300px;min-height:300px;max-height:300px;
・TEXTAREAリサイズ
resize: vertical;
・サイトURL
home_url() // http://…
if(site_url()==home_url){
$shorturl_yuzu_path = substr(ABSPATH,0,strpos( ABSPATH, substr(site_url(),strlen(home_url()) ) ) ).’/’;
}else{
$shorturl_yuzu_path = ABSPATH.’/’;
}
// /var/…
・WP HOME URL
site_url() // http://…/wp
ABSPATH // /var/…/wp
・プラグイン(自分のDIR追加必要)
plugins_url() // http://…/plugins
WP_PLUGIN_URL // http://…/plugins
WP_PLUGIN_DIR // /var/…/plugins
・使用中のテーマ
get_template_directory_uri() // http://…/theme/xx
get_template_directory() // /var/…/theme/xx
・wp-content
content_url() // http://…/wp-content
WP_CONTENT_DIR // /var/…/wp-content
・画像URLからDIR変換
$pctdir=str_replace(content_url(), WP_CONTENT_DIR,$pcturl);
・パス名分解
$pathData = pathinfo($file);
echo $pathData["dirname"]; // /var/~
echo $pathData["filename"]; // xxx
echo $pathData["extension"]; // txt
echo $pathData["basename"]; // xxx.txt
・画像サイズ
list($width,$height) = getimagesize($url);
if(has_post_thumbnail()){
$thumbnail_id = get_post_thumbnail_id();
$thumbnail_img = wp_get_attachment_image_src( $thumbnail_id , ‘full’ );
$src = $image[0]; //url
$width = $image[1]; //横幅
$height = $image[2]; //高さ
・画像サイズ比率
list($src_w,$src_h) = getimagesize($file);
$dst_w = 600;$dst_h = 0;
$dst_h = ($dst_w!=0)?(intval(($src_h*$dst_w)/$src_w )):(($dst_h!=0)?(intval(($src_w*$dst_h)/$src_h)):0);
・疑似要素順
link visited hover active


特殊文字
シングルクォート : &#39;
ダブルクォート : &quot;
WP設定内表示前処理(htmlタグ許可項目)
$str = str_replace(‘<','&lt;' ,$str);
$str = str_replace(‘>’,’&gt;’ ,$str);
$str = str_replace(‘\”‘,’&quot;’,$str);
$str = str_replace(“\'”,’&#39;’ ,$str);
WO設定項目表示前処理(htmlタグ許可項目)
$str = str_replace(‘\”‘,'”‘,$str);
$str = str_replace(“\'”,”‘”,$str);
・テーマ
get_theme_root_uri()
get_theme_root()
・WP 情報
get_bloginfo( $show )
・Wp config FTP 情報 設置
define( ‘FTP_HOST’, ‘host’ );
define( ‘FTP_USER’, ‘id’ );
define( ‘FTP_PASS’, ‘pw’ );
define( ‘FTP_SSL’, false );
弾に使う
placeholder:ユーザー入力補助

カテゴリー

flexbox インストールなど面倒なことなしにDIV BOX を横に並べるクラス

flexbox インストールなど面倒なことなしにDIV BOX を横に並べるクラス flexbox は、div の box を横に並べるためのブラウザに標準装備されてるクラス。乱暴な言い方すればそういうことです。現場では細かいことはどうでもよくて、とにかく簡単に DIV BOX を横

vba タスクに IE が残る

vba タスクに IE が残る vba タスクに IE が残る。VBAでブラウザ経由でサイトのページの情報を拾い上げる技は結構使いますよね?私だけ?wwwそうすると、なぜかvba タスクに IE が残っていて、繰り返し利用するとどん

wp datepicker 特定の項目で動かない。

wp datepicker 特定の項目で動かない。 ワードプレスでつかえる datepicker は、とっても簡単につかえて便利なライブラリーです。javascript は、なれないとデバッグに時間がかかり気持ち的にすごく敷居が高い気がしますがわかって

プラグインの管理画面でHTMLの入力を許すフィールドの扱い方

プラグインの管理画面でHTMLの入力を許すフィールドの扱い方 ワードプレスのプラグインを書いていると、HTMLタグを入力できるフィールドを作りたくなりますよね?例えば、ページにデータを表示するときにその書式を入力さえるとか。例えば、これはワードプレスのプラグイン

ワードプレスのフッターにある jQueryの読み込みをヘッダーで出力させる

ワードプレスのフッターにある jQueryの読み込みをヘッダーで出力させる ワードプレスのフッターにあるjQueryの読み込みをヘッダーで出力させる必要ができました。simplecity の後継ともいわれる ワードプレスのテーマ cocoon のカスタマイズです。cocoon

ワードプレスで jQuery の後に script を読み込ませる方法(動的スクリプトもOK)

ワードプレスで jQuery の後に script を読み込ませる方法(動的スクリプトもOK) ワードプレスで jQuery の後に script を読み込ませる方法、これは動的スクリプトも可能な方法です。ワードプレスのプラグインで動くシステムを開発していたところ、ユーザーインターフェイスでどう