ワードプレスのバックアップでバックアップするデータ


スポンサーリンク


ワードプレスのバックアップでバックアップするデータは、以下の2つ

1、データベース
通常 phpmyadmin を使うという方法が巷に出ているけど、インストール直後ならいざ知らず、データが大きくなるとバックアップもリカバリーもできなくなる。

ワードプレスのプラグインを使用する場合、多くの場合、リカバリーの環境を要求するため、サーバーの移動やドメインの移動などで使用することができない。

2、wp-content の中身全部。
基本的に uploads をダウンロードすればよさげに思えるが、プラグインによっては、プラグインのフォルダーにデータを書き込むタイプのものもあるので、wp-content ごとダウンロードしておくのが安全だろう。

昨今データ量が増え、通常のFTPでは、1回のダウンロード、アップロードで、すべてのファイルがダウンロード、アップロードできない。FileZilla と nextFTPの、サイズが異なる場場合、再アップロード、再ダウンロードのオプションを付け、10~20回ほどダウンロード・アップロードを行う(それでも落ちてる場合がある)。さらに一回ですべてを行わず、フォルダーごとにダウンロード/アップロードするのが正解っぽい。


その他、中途半端な知識を持った人が使う場合(FTPで入れる状態になっていると)サーバー全部をダウンロードするのが正解っぽい。もしくは、uploads 以外の場所にデータ入れるな!保証できん!といっておく。

スポンサーリンク