ワードプレスのプラグインを更新したり追加したりするたび FTP情報を毎回いれさせるのやめて!


スポンサーリンク

ワードプレスのプラグインを更新したり追加したりするたび FTP情報を毎回いれさせるのやめて!って怒ったことありませんか?w

あるんです。某サーバーで。

このサーバが悪い!とか思っていたら、違ってた(^^:

ワードプレスのユーザーとワードプレスをいれてあるフォルダーのオーナーが違うとこの現象がでることが原因でした。


ワードプレスのプラグインを更新したり追加したりするたび FTP情報を毎回いれなくてよくするには。



ユーザー名を変えてみたけど関係ない。かといってフォルダーのオーナーを変えるのは面倒くさい。

一番簡単な方法を選びました。

それが、これ。
define( 'FTP_HOST', 'XXXX' );
define( 'FTP_USER', 'XXXX' );
define( 'FTP_PASS', 'XXXX' );
define( 'FTP_SSL', false );


wp-config.php に、これを書き込んでしまえばおしまい。

XXXX のところは、それぞれのFTP情報を書き込んでくださいね。

あ~、今までの苦労は何だったんだ orz


ちなみにフォルダーのオーナーを自分で変えることのできるサーバーって案外少なかったりします。

知っているサーバーでは、レオサーバーがこれをできます。

すごい!

のではなく、レオサーバーは、技術サポートのレベルが低くなってしまって(開業当時は、レベル高かった)時々オーナーがアパッチになってフォルダーが消せなくなるとかいう状況が頻発していたので、これがついてて便利・・・って感じw


wp-config.phpを書き換えるほかに簡単な方法は


function.php に
function 適当な関数名($args) {
return 'direct';
}
add_filter('filesystem_method','適当な関数名');

と書き込んであげる。


※「適当な関数名」は、英数字で適当につけてください。


ワードプレスのメディアアップロードサイズを変更する(サクラサーバーの場合)



FTPの話ついでに備忘録的に見つけたことを書いておきます。

ワードプレスのメディアアップロードサイズの編子方法は、いくつかありますが、(というか基本 php.ini の変更)

php.ini に以下を追加してルートに保存しておけばメディアのアップロードサイズを変更できます。

memory_limit = 50M
post_max_size = 40M
upload_max_filesize = 30M
max_input_time = 60



サクラサーバーのマニュアルにもそう書いてありましたが。

サクラサーバーの場合ルートに php.ini を置いても何の変化もありません。

サーバーのコンパネにはいって「PHP設定の編集」で、php.ini を書き換えないと設定値が反映されません。

memory_limit = 50M : メモリサイズ
post_max_size = 40M : ポストの最大サイズ
upload_max_filesize = 30M : アップロードファイルの最大サイズ
max_input_time = 60 : スクリプトの実行最大時間

メモリサイズ、ポストサイズ、アップロードサイズは、大小関係もあるということで、

メモリサイズ > ポストサイズ > アップロードサイズ

といった関係を持たせないといけないそうです。

備忘録。

スポンサーリンク