ワードプレス 子テーマの作り方


スポンサーリンク


ワードプレスの有料テーマを導入すると多いのが、テーマのバージョンアップ。
ところが、テーマをカスタマイズしているところにバージョンアップをしてしまうと、
せっかくカスタマイズしたものが全部パーになります。

そこで子テーマが必要になるわけです。

子テーマは、親テーマがバージョンアップで上書きされても影響されませんから、
テーマをバージョンアップしても何の問題もでなくなるわけです。

優勝、無償にかかわらず、テーマをカスタマイズする場合は、なるべく子テーマを作ってそちらをカスタマイズするようにしましょう。


ワードプレスの子テーマの作り方


1、ワードプレスのテーマフォルダー( wp-content/themes/ )に「(親テーマフォルダー名)-child 」といったフォルダーを作成します。
 別の子のフォルダー名は、なんでもかまいません。実際の親テーマとの関係は、そのフォルダーの中の style.css で設定します。

2、作成したフォルダーに 最初の部分に以下のような記述を入れた style.css を作成し子テーマのフォルダーにアップロードします。
 他はなんでもいいのですが、Theme Name と Template だけはしっかりと。
 Template は、親テーマのフォルダー名なのでくれぐれも間違いのないように。

/*
 Theme Name:   子テーマの名前
 Theme URI:    子テーマのURL
 Description:  子テーマの説明
 Author:       作成者名
 Author URI:   作成者URL
 Template:     親テーマのフォルダー名
 Version:      バージョン番号
*/

例えば、親テーマの名前を avant_tcd060 とします。
/*
 Theme Name:   avant_tcd060_child
 Theme URI:    http://~/avant_tcd060_child/
 Description:  avant_tcd060_child
 Author:       ほにゃほにゃ
 Author URI:   http://~/
 Template:     avant_tcd060
 Version:      1.0.0
*/


次に function.php に以下を記述して子テーマのフォルダーにアップロードします。
<?php
add_action('wp_enqueue_scripts','theme_enqueue_styles');
function theme_enqueue_styles() {
 wp_enqueue_style('parent-style',get_template_directory_uri()  .'/style.css');
 wp_enqueue_style('child-style' ,get_stylesheet_directory_uri().'/style.css', array('parent-style') );
}
?>

もちろん、このフォルダーの中に screenshot.png を入れておけば、テーマ選択画面でサムネイルが表示されます。

手順としては、これでおしまいで、あとはテーマ選択でこのテーマを選択すればOKです。

実際のカスタマイズは、この子テーマのフォルダーの style.css , function.php 、またテンプレートなどもこの子テーマのフォルダーに入れます。

スポンサーリンク