HTML,CSS,PHP,ワードプレスカスタマイズ 技術情報資料

MW WP FORM 入力エラーチェックを付ける

スポンサーリンク

MW WP FORM は、結構いろいろできるワードプレスのプラグインです。

特にやりたくなるのが、入力エラーチェックを付ける、それと計算させるなどですね?

とりあえず、このページでは、入力エラーチェックを付けてみます。



MW WP FORM アクションフック


MW WP FORM の アクションフック を使ってバリデーションルールを追加します。

  1. オリジナルのバリデーションルールを追加する
  2. オリジナルのバリデーションルールを項目に割り付ける
  3. オリジナルのバリデーションルールでデータをチェックしてエラーの切り分けをする


必要なものは
「バリデーションルールを設定」
「バリデーションルール入力内容チェック」

function.php にバリデーションルールを設定、入力検査をするモジュールを追加します。
function モジュール名( $validation_rules ) {
	if ( ! class_exists("クラス名") ) {
		class クラス名 MW_WP_Form_Abstract_Validation_Rule {
			/**
			 * バリデーションルール名を指定
			 *
			 */
			protected $name = 'バリデーションルールの名前';
			/**
			 * バリデーションチェック
			 */
			public function rule( $key, array $options = array() ) {
				$item_count_name = "item_count";
				$item_value_name = "item_value";
				$item_count_value= $this->Data->get($item_count_name);
				$item_value_value= $this->Data->get($item_value_name);
				if( $item_value_value != '' ){
					if( $item_count_value == '' || $item_count_value == 0){
						$defaults = array(
							'message'=>__( '数量が入力されていません','mw-wp-form'),
						);
						$options  = array_merge( $defaults, $options );
						return $options['message'];
					}
				}
			}
			/**
			 * 設定パネルに追加
			 */
			public function admin( $key, $value ) {
				?>
				<label>
					<input type="checkbox" <?php checked( $value[ $this->getName() ], 1 ); ?>; name="<?php echo MWF_Config::NAME; ?>[validation][<?php echo $key; ?>][<?php echo esc_attr( $this->getName() ); ?>]" value="1" />
					<php esc_html_e( 'バリデーションルール表示名', 'mw-wp-form' ); ?>
				</label>
				<?php
			}
		}
	}
	$instance = new クラス名();
	$validation_rules[$instance->getName()] = $instance;
	return $validation_rules;
}
add_filter( 'mwform_validation_rules', 'モジュール名' );

モジュール名
クラス名
バリデーション名
バリデーション表示名

の4つを差し替えて、実際のエラーチェックを記述します。
上の例では、こんな感じで商品を選択してあるのに数量が入力されていない場合にエラーにします。



MW WP FORM でバリデーションルールを設定する


「バリデーションを適用する項目」を入力して(MW WP FORM では、これが手間。なんでこういう仕様にしたんだろう?)、オリジナルのバリデーションルールにチェックを入れます。


MW WP FORM 入力エラーチェックを付ける方法のまとめ


MW WP FORM は、いろいろとできるのはわかるんですけど、サンプルが少なすぎて調べながらやるにもすごく大変。

MW WP FORM のマニュアルでも、バリデーションルールの追加のサンプルは、使い物にならないサンプルが掲載されていて悩みます。

ある程度プログラムが読めるなら追跡/想像で書けますけどね・・・

今回記事にしたのは、エラーチェックのモジュールのひな形は見つかった。

でも、入力されたデータはどうやって取り込むんだ?から始まりました。

実際に書いて、使っているモジュールを引っ張っていますので、あなたの参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

よく使うタグ

・float クリア
<br clear="all"><div style="clear:both;" class="clearfix"></div>
・角丸め
round-radius
border-radius:5px; -webkit-border-radius:10px; -moz-border-radius:10px;
・div box
overflow:scroll;min-width:300px;max-width:300px;min-height:300px;max-height:300px;
・TEXTAREAリサイズ
resize: vertical;
・サイトURL
home_url() // http://…
if(site_url()==home_url){
$shorturl_yuzu_path = substr(ABSPATH,0,strpos( ABSPATH, substr(site_url(),strlen(home_url()) ) ) ).’/’;
}else{
$shorturl_yuzu_path = ABSPATH.’/’;
}
// /var/…
・WP HOME URL
site_url() // http://…/wp
ABSPATH // /var/…/wp
・プラグイン(自分のDIR追加必要)
plugins_url() // http://…/plugins
WP_PLUGIN_URL // http://…/plugins
WP_PLUGIN_DIR // /var/…/plugins
・使用中のテーマ
get_template_directory_uri() // http://…/theme/xx
get_template_directory() // /var/…/theme/xx
・wp-content
content_url() // http://…/wp-content
WP_CONTENT_DIR // /var/…/wp-content
・画像URLからDIR変換
$pctdir=str_replace(content_url(), WP_CONTENT_DIR,$pcturl);
・パス名分解
$pathData = pathinfo($file);
echo $pathData["dirname"]; // /var/~
echo $pathData["filename"]; // xxx
echo $pathData["extension"]; // txt
echo $pathData["basename"]; // xxx.txt
・画像サイズ
list($width,$height) = getimagesize($url);
if(has_post_thumbnail()){
$thumbnail_id = get_post_thumbnail_id();
$thumbnail_img = wp_get_attachment_image_src( $thumbnail_id , ‘full’ );
$src = $image[0]; //url
$width = $image[1]; //横幅
$height = $image[2]; //高さ
・画像サイズ比率
list($src_w,$src_h) = getimagesize($file);
$dst_w = 600;$dst_h = 0;
$dst_h = ($dst_w!=0)?(intval(($src_h*$dst_w)/$src_w )):(($dst_h!=0)?(intval(($src_w*$dst_h)/$src_h)):0);
・疑似要素順
link visited hover active


特殊文字
シングルクォート : &#39;
ダブルクォート : &quot;
WP設定内表示前処理(htmlタグ許可項目)
$str = str_replace(‘<','&lt;' ,$str);
$str = str_replace(‘>’,’&gt;’ ,$str);
$str = str_replace(‘\”‘,’&quot;’,$str);
$str = str_replace(“\'”,’&#39;’ ,$str);
WO設定項目表示前処理(htmlタグ許可項目)
$str = str_replace(‘\”‘,'”‘,$str);
$str = str_replace(“\'”,”‘”,$str);
・テーマ
get_theme_root_uri()
get_theme_root()
・WP 情報
get_bloginfo( $show )
・Wp config FTP 情報 設置
define( ‘FTP_HOST’, ‘host’ );
define( ‘FTP_USER’, ‘id’ );
define( ‘FTP_PASS’, ‘pw’ );
define( ‘FTP_SSL’, false );
弾に使う
placeholder:ユーザー入力補助

カテゴリー

FB 広告 最適化~グーグルアナリティクスとサーチコンソールの連動のさせかた(必要な分だけ)

FB 広告 最適化~グーグルアナリティクスとサーチコンソールの連動のさせかた(必要な分だけ) FB 広告 最適化にあたって必要になってくるツールがグーグルアナリティクスとサーチコンソール。別にグーグルのアナリティクス、サーチコンソールでなくてもアクセス解析はできるんだけど、グーグルはユーザー囲

FB 広告 最適化~グーグルアナリティクスの使い方(必要な分だけ)

FB 広告 最適化~グーグルアナリティクスの使い方(必要な分だけ) FB 広告 最適化にあたって必要になってくるツールがグーグルアナリティクス。別にグーグルのアナリティクスでなくてもアクセス解析はできるんだけど、グーグルはユーザー囲い込みの為他のアクセス解析では見せな

FB 広告 最適化~グーグルサーチコンソールの使い方(必要な分だけ)

FB 広告 最適化~グーグルサーチコンソールの使い方(必要な分だけ) FB 広告 最適化にあたって必要になってくるツールがグーグルサーチコンソール。別にグーグルのサーチコンソールでなくてもいいんだけど、グーグルはユーザー囲い込みの為他のアクセス解析では見せなくしたキーワ

FB 広告 最適化~グーグルのアクセス解析の基本

FB 広告 最適化~グーグルのアクセス解析の基本 FB広告を最適化するためには、アクセス解析が重要なカギを握ります。FB広告から当該ページに飛んでくるときURLにオプションを付けることができます。このURLにつけたオプションを使ってどの広告から、どん

jQuery ボタンを押しても反応しない

jQuery ボタンを押しても反応しない jQuery の click イベントを使ってボタンを押したら alert を表示する簡単な仕様なのになにも反応しない。一瞬はまってしまうことって・・・ありますよね?例えば、こう書きます。popup.

WP パーマリンク リダイレクト インターナルサーバーエラー

WP パーマリンク リダイレクト インターナルサーバーエラー WP パーマリンクのリダイレクトがインターナルサーバーエラーを起こすようになった。ユーザーさんのサイトなので「なにをしたか」わからない。WP パーマリンク リダイレクト インターナルサーバーエラーのい