HTML,CSS,PHP,ワードプレスカスタマイズ 技術情報資料

SyntaxHightLiter の使い方

スポンサーリンク

言語のソースをそのまま表示させたいときに使用するプラグイン。

Systaxhightlighter の入力の仕方

投稿、固定ページで使用できる。

[言語名 ショートコード]
言語のソースコード
[/言語名]

例、
[php]
<php echo “ABC1”; ?>
<php echo “ABC2”; ?>
<php echo “ABC3”; ?>
<php echo “ABC4”; ?>
[/php]

結果
<php echo "ABC1"; ?>
<php echo "ABC2"; ?>
<php echo "ABC3"; ?>
<php echo "ABC4"; ?>

※「[」を表示させるにはエスケープコードを使う
「[」は「&#091;」
「]」は「&#093;」

ショートコード
[言語 ショートコード]とする。
各ショートコードは半角空白で区切ることで複数指定できます。

[言語 highlight=”2,5-6″] の結果
 
<html <php language_attributes(); ?>> 
<head> 
    <meta charset="<php bloginfo( 'charset' ); ?>"> 
    <title><php wp_title(); ?>&lt;/title> 
    <php wp_head(); ?> 
</head> 

langまたはlanguage ハイライトするコードの言語。
パラメータ指定だけでなく&#091php]code[/php]のように言語をタグとして記述できます。
有効なタグのリストはこちらをクリック (“aliases”の下を参照)

autolinks自動リンクの有効・無効
classnameコードボックスに追加するCSSのclass
collapseコードボックスをデフォルトの状態で閉じるかどうか。コードボックスを開くにはクリックが要求されます。長いコードの出力の際に有効です。
firstline行番号の出力の際に、最初の行の番号を表す数値
gutter左側に行番号を配置するかどうか
highlightハイライトさせる行番号のリスト(カンマ区切り)、範囲でも指定可能。例: 2,5-10,12
htmlscriptHTML/XML をハイライトするかどうか。HTMLウェブページで PHP を使うようにHTML/XMLとプログラムが混在するような時に有効です。上のプレビューではこの設定が有効になっています。これは特定の言語でしか動作しません。
light行番号やツールバーを無効にする軽い表示モードのオン・オフ
padlinenumbers行番号の余白。有効な値は、 false(余白なし), true (自動)、数値(余白)
title (v3のみ)コードの前に表示される表題テキスト。collapseのパラメータと合わせて使うと有効です。
toolbarツールバーのオン・オフ(v2のボタン、v3のクエッションマーク)
wraplines (v2のみ)折り返しの有効・無効

※SyntaxHighlighter TinyMCE Buttonは、ビジュアルエディタを使うときに便利。
 ビジュアルエディタを使わない場合にはプラグインを入れないのがいい。

インストール

プラグインの追加で SyntaxHighlighter Evolved を検索する。

SyntaxHighlighter Evolved 仕様

version 2.x と version 3.x があり、version 2.x は、ツールバーを表示させることができ、
ソースコードのコピー、印刷が可能。
version 3.x はツールバーが使えない代わりにソースコード部分をダブルクリックすることで
メタのソースをコピーすることができる。

使いやすさから言えば 多少の ショートコードが使えないが version 2.x の方が自分的には好み。

redversion 2.x にして、設定で 「すべてのブラシを読み込む」にチェックを入れて、
[html]~[/html] や [php]~[/php] で囲むといい

 

対応言語

•Apache Config
•AppleScript
•Assembly
•Bash
•Bash Script
•Basic
•C#
•C/C++/Objective-C
•CSS
•Diff
•HTML
•Haskell
•Java
•JavaScript
•Lisp
•Lua
•Object-Oriented C
•PHP
•Pascal
•Perl
•Python
•Ruby
•SQL
•Smalltalk
•YAML
これらの言語コードは、すべて小文字で指定するようです。
隊にぃエディタを使わず、通常のメタテキストエディタをつかっていると、ダブルクォート ( ” )を HTML特殊表記に変換するようです。(バグ?)
syntaxhighlighter.php 内の htmlspecialchars を検索し、972あたりの以下のコードを
		$code = ( false === strpos( $code, '<' ) && false === strpos( $code, '>' ) && 2 == $this->get_code_format($post) ) ? strip_tags( $code ) : htmlspecialchars( $code );
以下のように変更すると直ります。
//オリジナルをコメントアウト
//$code = ( false === strpos( $code, '<' ) && false === strpos( $code, '>' ) && 2 == $this->get_code_format($post) ) ? strip_tags( $code ) : htmlspecialchars( $code );
//最後のところにあるhtmlspecialcharsを外し、特需文字列に変換させないようにする
$code = ( false === strpos( $code, '<' ) && false === strpos( $code, '>' ) && 2 == $this->get_code_format($post) ) ? strip_tags( $code ) :  $code ;

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

よく使うタグ

・float クリア
<br clear="all"><div style="clear:both;" class="clearfix"></div>
・角丸め
round-radius
border-radius:5px; -webkit-border-radius:10px; -moz-border-radius:10px;
・div box
overflow:scroll;min-width:300px;max-width:300px;min-height:300px;max-height:300px;
・TEXTAREAリサイズ
resize: vertical;
・サイトURL
home_url() // http://…
if(site_url()==home_url){
$shorturl_yuzu_path = substr(ABSPATH,0,strpos( ABSPATH, substr(site_url(),strlen(home_url()) ) ) ).’/’;
}else{
$shorturl_yuzu_path = ABSPATH.’/’;
}
// /var/…
・WP HOME URL
site_url() // http://…/wp
ABSPATH // /var/…/wp
・プラグイン(自分のDIR追加必要)
plugins_url() // http://…/plugins
WP_PLUGIN_URL // http://…/plugins
WP_PLUGIN_DIR // /var/…/plugins
・使用中のテーマ
get_template_directory_uri() // http://…/theme/xx
get_template_directory() // /var/…/theme/xx
・wp-content
content_url() // http://…/wp-content
WP_CONTENT_DIR // /var/…/wp-content
・画像URLからDIR変換
$pctdir=str_replace(content_url(), WP_CONTENT_DIR,$pcturl);
・パス名分解
$pathData = pathinfo($file);
echo $pathData["dirname"]; // /var/~
echo $pathData["filename"]; // xxx
echo $pathData["extension"]; // txt
echo $pathData["basename"]; // xxx.txt
・画像サイズ
list($width,$height) = getimagesize($url);
if(has_post_thumbnail()){
$thumbnail_id = get_post_thumbnail_id();
$thumbnail_img = wp_get_attachment_image_src( $thumbnail_id , ‘full’ );
$src = $image[0]; //url
$width = $image[1]; //横幅
$height = $image[2]; //高さ
・画像サイズ比率
list($src_w,$src_h) = getimagesize($file);
$dst_w = 600;$dst_h = 0;
$dst_h = ($dst_w!=0)?(intval(($src_h*$dst_w)/$src_w )):(($dst_h!=0)?(intval(($src_w*$dst_h)/$src_h)):0);
・疑似要素順
link visited hover active


特殊文字
シングルクォート : &#39;
ダブルクォート : &quot;
WP設定内表示前処理(htmlタグ許可項目)
$str = str_replace(‘<','&lt;' ,$str);
$str = str_replace(‘>’,’&gt;’ ,$str);
$str = str_replace(‘\”‘,’&quot;’,$str);
$str = str_replace(“\'”,’&#39;’ ,$str);
WO設定項目表示前処理(htmlタグ許可項目)
$str = str_replace(‘\”‘,'”‘,$str);
$str = str_replace(“\'”,”‘”,$str);
・テーマ
get_theme_root_uri()
get_theme_root()
・WP 情報
get_bloginfo( $show )
・Wp config FTP 情報 設置
define( ‘FTP_HOST’, ‘host’ );
define( ‘FTP_USER’, ‘id’ );
define( ‘FTP_PASS’, ‘pw’ );
define( ‘FTP_SSL’, false );
弾に使う
placeholder:ユーザー入力補助

カテゴリー

jQuery ボタンを押しても反応しない

jQuery ボタンを押しても反応しない jQuery の click イベントを使ってボタンを押したら alert を表示する簡単な仕様なのになにも反応しない。一瞬はまってしまうことって・・・ありますよね?例えば、こう書きます。popup.

WP パーマリンク リダイレクト インターナルサーバーエラー

WP パーマリンク リダイレクト インターナルサーバーエラー WP パーマリンクのリダイレクトがインターナルサーバーエラーを起こすようになった。ユーザーさんのサイトなので「なにをしたか」わからない。WP パーマリンク リダイレクト インターナルサーバーエラーのい

Javascript から CGIを呼び出すのに便利な XMLHttpRequest 覚書

Javascript から CGIを呼び出すのに便利な XMLHttpRequest 覚書 XMLHttpRequestは、Javascript から サーバー上のCGIを呼び出す時に便利なコマンドだ。XMLHttpRequestをざっくり書いておく。CGIへコマンドを送る(JavaScri

Unchecked runtime.lastError: The message port closed before a response was received.の解決策

Unchecked runtime.lastError: The message port closed before a response was received.の解決策 Unchecked runtime.lastError: The message port closed before a response was received.未チェックのruntime.la

ロボフォームのようなパスワードを保存する拡張機能

ロボフォームのようなパスワードを保存する拡張機能 ロボフォームのようなパスワードを保存するJavaScritpを書こうと思った。ロボフォームは、wwwサイトのログイン情報などを保存できるブラウザの拡張機能だ。ところが、バージョンが上がるたび使い勝手が

flexbox インストールなど面倒なことなしにDIV BOX を横に並べるクラス

flexbox インストールなど面倒なことなしにDIV BOX を横に並べるクラス flexbox は、div の box を横に並べるためのブラウザに標準装備されてるクラス。乱暴な言い方すればそういうことです。現場では細かいことはどうでもよくて、とにかく簡単に DIV BOX を横