WP (ワードプレス) 手動更新


スポンサーリンク

WP(ワードプレス) を手動更新する方法です。

古めのWP(ワードプレス)をインストールしたら、使っていたプラグインが使えなくなっているなど問題が出たりします。

ちなみに今現在の最新の WP(ワードプレス)は、4.9.1 なんですけど、使っているテーマが対応していない。
そのため安易に更新させられない。

なんで下位互換じゃないんだろう。。。PHPといい、設計思想がおかしい。
ちなみにPC98が日本国内を凌駕した理由のひとつに完全下位互換というものがあり、
バージョンをあげても前のプログラムなどは問題なく動くといったこと。

もっとも、それがネックになって性能頭打ちになったってこともあるけど。

でも、一定期間は、下位互換をたもたないと様々な弊害がでることは間違いない。
使用者に対して、ものすごく迷惑なことになる。

けど、ほんとPHPとかWPとかって簡単に切り捨てるよね。
そういった理由で、WP(ワードプレス)の「更新案内」で自動更新させてしまうと、使ってるテーマが動かなくなる。
それは、困るので最新ではない 8.x.x あたりにバージョンアップしたい。

その方法です。

WP(ワードプレス9 手動バージョンアップ



バックアップ


バックアップするもの
・wp-config.php
・.htaccess
・wp-contentフォルダ


ターゲットバージョンのWP(ワードプレス)のソース



ターゲットバージョンのWP(ワードプレス)のソースを wordpress.org から持ってきて解凍。
現在の wp-admin/ wp-includes/ を削除
WPのルートのスクリプトを削除


WP(ワードプレス)入れ替え



・ターゲットバージョンのWPのうち、ルート , wp-admin/ , wp-includes/ をアップロード
・wp-content/ の languages/ と index.php を上書き


上書き



バックアップしておいた wp-config.php と .htaccess を上書き。

で、おしまい。


WP (ワードプレス) 手動更新 まとめ



wp-config.php , .htaccess , wp-content/ 以外をターゲットバージョンに切り替える。
wp-content/ の languages/ と index.php を上書きする。


スポンサーリンク