HTML,CSS,PHP,ワードプレスカスタマイズ 技術情報資料

ワードプレスの関数を使う

スポンサーリンク

ワードプレスのプラグインを作っていたら、どうしても外部プログラムを呼び出さないといけない状況になりました。

つまり、

	jQuery(function($) {
		$.ajax({
			url: '<?php echo site_url(); ?>/wp-content/plugins/開発中のプラグイン/開発中のプラグインから呼び出す外部プログラム'+'?uppath='+uppath,
			type: 'POST',
			data: fd,
			processData: false,
			contentType: false,
			success: function(data) {
			
			alert('return data='+data);

			},
			error: function(data,dmy,err) {
				alert("ERROR:"+err);
			}
		});
	});

ワードプレスのプラグインなので、やっぱりワードプレスのデータベースにあたりにいかないといけない場面が出てくるわけです。

よけて、よけて、よけていたのですけど、ここにきてダメ。

でも、案外簡単なんですわ。


外部プログラムはこんな感じなのね?
<?php
	/************** APPEND YUZUMARU *************************
		yuzu_imageup を 自分のファンクション名に replace
		ex yuzu_imageup_ -> my_func_ 
	/********************************************************/

	$uppath = '';
	if( isset($_GET['uppath']) ) {
		$uppath = $_GET['uppath'];
	}
	if( isset($_GET['unzips']) ) {
		$unzips = $_GET['unzips'];
	}
	if( isset($_GET['rttype']) ) {
		$rttype = $_GET['rttype'];
	}
	if( isset($_GET['upurl']) ) {
		$upurl = $_GET['upurl'];
	}
	if( isset($_GET['resize']) ){
		$resize = $_GET['resize'];
	}
	$snap = 0;
	if($snap == 1 ){
		$fp = fopen("snap.txt","w");
		fwrite($fp,"unzips:".$unzips."\n");
		fwrite($fp,"uppath:".$uppath."\n");
		fwrite($fp,"uploadlist:".$uploadlist."\n");
		fclose($fp);
	}
	$uploadlist = '';
	$count = count($_FILES['files']['tmp_name']);
	for($i = 0 ; $i < $count ; $i ++ )
	{
		:
		:
		:

こう書く。

<?php
	/************** APPEND YUZUMARU *************************
		yuzu_imageup を 自分のファンクション名に replace
		ex yuzu_imageup_ -> my_func_ 
	*********************************************************/
	require_once( '../../../wp-load.php' ); ← ここね。
	/********************************************************/

	$uppath = '';
	if( isset($_GET['uppath']) ) {
		$uppath = $_GET['uppath'];
	}
	if( isset($_GET['unzips']) ) {
		$unzips = $_GET['unzips'];
	}
	if( isset($_GET['rttype']) ) {
		$rttype = $_GET['rttype'];
	}
	if( isset($_GET['upurl']) ) {
		$upurl = $_GET['upurl'];
	}
	if( isset($_GET['resize']) ){
		$resize = $_GET['resize'];
	}
	$snap = 0;
	if($snap == 1 ){
		$fp = fopen("snap.txt","w");
		fwrite($fp,"unzips:".$unzips."\n");
		fwrite($fp,"uppath:".$uppath."\n");
		fwrite($fp,"uploadlist:".$uploadlist."\n");
		fclose($fp);
	}
	$uploadlist = '';
	$count = count($_FILES['files']['tmp_name']);
	for($i = 0 ; $i < $count ; $i ++ )
	{
		:
		:
		:

これで、ワードプレスのほとんどの関数を呼び出せるようになる。

wp-load.php の働き


wp-load.phpは、wp-config.php、functions.php、version.php、load.phpなどを読み込んでくれます。

そのため、ワードプレスのデータベース関連やパス関連のデータも使うことができるようになります。


まとめ


便利になりますね。
require_once( '../../../wp-load.php' ); 
これだけです。

もちろん、パスは、wp-load.php のある場所を指定すればいいので、

プラグインのパスから呼ぶのは ../../../ ですけど、

どこの外部プログラムを使うかによってこのパスを変えてくださいね。


このほかに、
<?php
define('WP_USE_THEMES', false);
require('../../../wp-blog-header.php');
?>
こちらの方法でも可能です。


いままでいろんなプラグインを書いてきたけど、JavaScript が絡むとどうしても外部プログラムに飛ばしておしまい。

それが、wp-load.php を読み込むだけでワードプレスの環境をつかえるようになるとは。

もう怖いものなしですね。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

よく使うタグ

・float クリア
<br clear="all"><div style="clear:both;" class="clearfix"></div>
・角丸め
round-radius
border-radius:5px; -webkit-border-radius:10px; -moz-border-radius:10px;
・div box
overflow:scroll;min-width:300px;max-width:300px;min-height:300px;max-height:300px;
・TEXTAREAリサイズ
resize: vertical;
・サイトURL
home_url() // http://…
if(site_url()==home_url){
$shorturl_yuzu_path = substr(ABSPATH,0,strpos( ABSPATH, substr(site_url(),strlen(home_url()) ) ) ).’/’;
}else{
$shorturl_yuzu_path = ABSPATH.’/’;
}
// /var/…
・WP HOME URL
site_url() // http://…/wp
ABSPATH // /var/…/wp
・プラグイン(自分のDIR追加必要)
plugins_url() // http://…/plugins
WP_PLUGIN_URL // http://…/plugins
WP_PLUGIN_DIR // /var/…/plugins
・使用中のテーマ
get_template_directory_uri() // http://…/theme/xx
get_template_directory() // /var/…/theme/xx
・wp-content
content_url() // http://…/wp-content
WP_CONTENT_DIR // /var/…/wp-content
・画像URLからDIR変換
$pctdir=str_replace(content_url(), WP_CONTENT_DIR,$pcturl);
・パス名分解
$pathData = pathinfo($file);
echo $pathData["dirname"]; // /var/~
echo $pathData["filename"]; // xxx
echo $pathData["extension"]; // txt
echo $pathData["basename"]; // xxx.txt
・画像サイズ
list($width,$height) = getimagesize($url);
if(has_post_thumbnail()){
$thumbnail_id = get_post_thumbnail_id();
$thumbnail_img = wp_get_attachment_image_src( $thumbnail_id , ‘full’ );
$src = $image[0]; //url
$width = $image[1]; //横幅
$height = $image[2]; //高さ
・画像サイズ比率
list($src_w,$src_h) = getimagesize($file);
$dst_w = 600;$dst_h = 0;
$dst_h = ($dst_w!=0)?(intval(($src_h*$dst_w)/$src_w )):(($dst_h!=0)?(intval(($src_w*$dst_h)/$src_h)):0);
・疑似要素順
link visited hover active


特殊文字
シングルクォート : &#39;
ダブルクォート : &quot;
WP設定内表示前処理(htmlタグ許可項目)
$str = str_replace(‘<','&lt;' ,$str);
$str = str_replace(‘>’,’&gt;’ ,$str);
$str = str_replace(‘\”‘,’&quot;’,$str);
$str = str_replace(“\'”,’&#39;’ ,$str);
WO設定項目表示前処理(htmlタグ許可項目)
$str = str_replace(‘\”‘,'”‘,$str);
$str = str_replace(“\'”,”‘”,$str);
・テーマ
get_theme_root_uri()
get_theme_root()
・WP 情報
get_bloginfo( $show )
・Wp config FTP 情報 設置
define( ‘FTP_HOST’, ‘host’ );
define( ‘FTP_USER’, ‘id’ );
define( ‘FTP_PASS’, ‘pw’ );
define( ‘FTP_SSL’, false );
弾に使う
placeholder:ユーザー入力補助

カテゴリー

MW WP FORM のフックが効かない。

MW WP FORM のフックが効かない。 MW WP FORM のフックが効かない。MW WP FORM は、各種フックがあってカスタマイズが便利~とか言われているプラグインですが。。。マニュアルにはあるのにフックが効かないフックがかなりある

MW WP FORM のショートコードで出力される内容をカスタマイズする。

MW WP FORM のショートコードで出力される内容をカスタマイズする。 MW WP FORM のショートコードで出力される内容をカスタマイズしたくなりました。非表示フィールド type=”hidden” にデータをためておいて、それをメール送信する

WelCart 買い物かごのカスタマイズ、テンプレートファイルの場所

WelCart 買い物かごのカスタマイズ、テンプレートファイルの場所 WelCart 買い物かごのカスタマイズするとき、毎回テンプレートファイルを探すのでメモしておきます。WelCart 買い物かごのカスタマイズ、テンプレートファイルの場所WelCart 買い物かごのカ

WelCart で投稿ページに商品購入欄を作る

WelCart で投稿ページに商品購入欄を作る WelCart の商品ページは、ご存知んごとくウルトラダサい。これをカスタマイズしないとなんとも素人っぽさの抜けないサイトになってしまう。WelCart で投稿ページに商品購入欄を作るときのモジュール

FB 広告 最適化~グーグルアナリティクスとサーチコンソールの連動のさせかた(必要な分だけ)

FB 広告 最適化~グーグルアナリティクスとサーチコンソールの連動のさせかた(必要な分だけ) FB 広告 最適化にあたって必要になってくるツールがグーグルアナリティクスとサーチコンソール。別にグーグルのアナリティクス、サーチコンソールでなくてもアクセス解析はできるんだけど、グーグルはユーザー囲

FB 広告 最適化~グーグルアナリティクスの使い方(必要な分だけ)

FB 広告 最適化~グーグルアナリティクスの使い方(必要な分だけ) FB 広告 最適化にあたって必要になってくるツールがグーグルアナリティクス。別にグーグルのアナリティクスでなくてもアクセス解析はできるんだけど、グーグルはユーザー囲い込みの為他のアクセス解析では見せな