HTML,CSS,PHP,ワードプレスカスタマイズ 技術情報資料

呼び出しURLで動的なページにする

スポンサーリンク

ワードプレスでアーギュメントを拾えば、ワードプレスのページを動的に変化させることができる。
ひとつは、検索でページを呼び出された時に、検索キーワードを拾って、そのキーワードの商品を並べることができる。
 
もう一つは、PPC。
PPCは、キーワードと広告のタイトル、広告文に一連の流れを作ることでキーワード品質が高くなり、かつ、成約率がアップする。
でも、1つのキーワードセットごとに広告タイトル、広告文を書くのは辛い。
大量の同系キーワード、たとえば、名詞+動詞の組み合わせ。A資料+請求、A資料+申し込み。
これは置き換えによって可能。
 
A資料 申し込み
A資料 請求
B資料 申し込み
B資料 請求
 
といった組わせのキーワードを投稿したい。これは4つだから大したことはないがこれが1000個になると死ぬ。
キーワードの組み合わせは、
|申し込み|請求|
A資料|A資料申し込み|A資料請求|
B資料|B資料申し込み|B資料請求|
このテーブルの組わせをエクセルなどでピックアップしてやればいい。
するとこうなるわけだ。
A資料 申し込み
A資料 請求
B資料 申し込み
B資料 請求
 
これに対する広告タイトルは、
広告1.#1# の #2# は、こちら
広告2.#1# の #2# なら、
広告3.なんとかの #1# の #2# なら、
 
広告のひな形(上記)をキーワードの並びを空白をデリミッターにして記号化して変換してやればいい。
するとこうなるわけだ。
A資料 申し込み | A資料 の 申し込み はこちら
A資料 申し込み | A資料 の 申し込み なら、
A資料 申し込み | なんとかの A資料 の 申し込み はこちら
A資料 請求 | A資料 の 請求 はこちら
A資料 請求 | A資料 の 請求 なら、
A資料 請求 | なんとかの A資料 の 請求 はこちら
B資料 申し込み | B資料 の 申し込み はこちら
B資料 申し込み | B資料 の 申し込み なら、
B資料 申し込み | なんとかの B資料 の 申し込み はこちら
B資料 請求 | B資料 の 請求 はこちら
B資料 請求 | B資料 の 請求 なら、
B資料 請求 | なんとかの B資料 の 請求 はこちら
 
広告文も同様に置き換えることでキーワード品質が上がる。
 
さて、これは、あくまでもPPC広告までの世界。
人が見て行動してもらわないといけないわけで、A資料が欲しい人が実際クリックしてみたらB資料の話になっていたのでは困る。
 
通常のぺらページであれば、置き換えながら必要なページ数プログラムで作ることができるが。
まぁ、その方が容量的にも納得なのだけど・・・
 
きれいなサイトにしたいじゃないですか。汚いサイトではスタートラインが低いところから始まる。
つーことで、よく見るペラではなくて、ワードプレスでいかにも作り込んだ感じのするサイトへ誘導したい。
ワードプレスだとテーマが沢山あるし、きれいだし。
 
すると、ワードプレスのページに誘導した時、記事内容がFIXになってしまう。
これだと、A資料が欲しい人にB資料の話をしてしまうわけだ。
そこで、広告ごとにとび先URLを変えてあげる。
 
つまり、http://xxx.com/?key1=A資料&key2=申し込み みたいな。
それを受け取ってワードプレスで B資料となっているところを A資料として表示、請求となっているところを「申し込み」に差し替えることができる。
 
そこで必要になるのが、ワードプレスのアーギュメントの取得。
長い・・・ orz
 
答えは簡単だ。
EXEC-PHP のプラグインをいれれば、記事内にPHPを記述できる。。。のは、ご存知の通り。
そこで、
<?php
echo $_SERVER['QUERY_STRING'];
?>

このページのURLは、
http://tecinfo.yuzumaru.co.jp/wp/wordpress/%e6%a7%8b%e9%80%a0/%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%a7argv%e3%82%92%e6%8b%be%e3%81%86.html
なのだけど、これに ?a=1&b=2 を足して呼び出すと
http://tecinfo.yuzumaru.co.jp/wp/wordpress/%e6%a7%8b%e9%80%a0/%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%a7argv%e3%82%92%e6%8b%be%e3%81%86.html?a=1&b=2
アーギュメント取得
  ↓

 ↑が a=1&b=2 と表示されていればOK.試しに ?a=1&b=2 を適当に書き換えて呼び出してみよう。
OKでしょ?
あとは、これを変数に取り込んで、分解して、置き換えたいワードの表示部分を
<?php echo $argv[0]; ?> は、~~~で~~だから、<?php echo $argv[0]; ?> を <?php echo $argv[1]; ?> しよう。
などと書いてやればOK.
分解まではいいよね?そこは、力技でうんこらしてくれ。 & をトークンにして split して、それぞれを = でスプリットしてやればいいんじゃないかな?

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

よく使うタグ

・float クリア
<br clear="all"><div style="clear:both;" class="clearfix"></div>
・角丸め
round-radius
border-radius:5px; -webkit-border-radius:10px; -moz-border-radius:10px;
・div box
overflow:scroll;min-width:300px;max-width:300px;min-height:300px;max-height:300px;
・TEXTAREAリサイズ
resize: vertical;
・サイトURL
home_url() // http://…
if(site_url()==home_url){
$shorturl_yuzu_path = substr(ABSPATH,0,strpos( ABSPATH, substr(site_url(),strlen(home_url()) ) ) ).’/’;
}else{
$shorturl_yuzu_path = ABSPATH.’/’;
}
// /var/…
・WP HOME URL
site_url() // http://…/wp
ABSPATH // /var/…/wp
・プラグイン(自分のDIR追加必要)
plugins_url() // http://…/plugins
WP_PLUGIN_URL // http://…/plugins
WP_PLUGIN_DIR // /var/…/plugins
・使用中のテーマ
get_template_directory_uri() // http://…/theme/xx
get_template_directory() // /var/…/theme/xx
・wp-content
content_url() // http://…/wp-content
WP_CONTENT_DIR // /var/…/wp-content
・画像URLからDIR変換
$pctdir=str_replace(content_url(), WP_CONTENT_DIR,$pcturl);
・パス名分解
$pathData = pathinfo($file);
echo $pathData["dirname"]; // /var/~
echo $pathData["filename"]; // xxx
echo $pathData["extension"]; // txt
echo $pathData["basename"]; // xxx.txt
・画像サイズ
list($width,$height) = getimagesize($url);
if(has_post_thumbnail()){
$thumbnail_id = get_post_thumbnail_id();
$thumbnail_img = wp_get_attachment_image_src( $thumbnail_id , ‘full’ );
$src = $image[0]; //url
$width = $image[1]; //横幅
$height = $image[2]; //高さ
・画像サイズ比率
list($src_w,$src_h) = getimagesize($file);
$dst_w = 600;$dst_h = 0;
$dst_h = ($dst_w!=0)?(intval(($src_h*$dst_w)/$src_w )):(($dst_h!=0)?(intval(($src_w*$dst_h)/$src_h)):0);
・疑似要素順
link visited hover active


特殊文字
シングルクォート : &#39;
ダブルクォート : &quot;
WP設定内表示前処理(htmlタグ許可項目)
$str = str_replace(‘<','&lt;' ,$str);
$str = str_replace(‘>’,’&gt;’ ,$str);
$str = str_replace(‘\”‘,’&quot;’,$str);
$str = str_replace(“\'”,’&#39;’ ,$str);
WO設定項目表示前処理(htmlタグ許可項目)
$str = str_replace(‘\”‘,'”‘,$str);
$str = str_replace(“\'”,”‘”,$str);
・テーマ
get_theme_root_uri()
get_theme_root()
・WP 情報
get_bloginfo( $show )
・Wp config FTP 情報 設置
define( ‘FTP_HOST’, ‘host’ );
define( ‘FTP_USER’, ‘id’ );
define( ‘FTP_PASS’, ‘pw’ );
define( ‘FTP_SSL’, false );
弾に使う
placeholder:ユーザー入力補助

カテゴリー

WelCart 買い物かごのカスタマイズ、テンプレートファイルの場所

WelCart 買い物かごのカスタマイズ、テンプレートファイルの場所 WelCart 買い物かごのカスタマイズするとき、毎回テンプレートファイルを探すのでメモしておきます。WelCart 買い物かごのカスタマイズ、テンプレートファイルの場所WelCart 買い物かごのカ

WelCart で投稿ページに商品購入欄を作る

WelCart で投稿ページに商品購入欄を作る WelCart の商品ページは、ご存知んごとくウルトラダサい。これをカスタマイズしないとなんとも素人っぽさの抜けないサイトになってしまう。WelCart で投稿ページに商品購入欄を作るときのモジュール

FB 広告 最適化~グーグルアナリティクスとサーチコンソールの連動のさせかた(必要な分だけ)

FB 広告 最適化~グーグルアナリティクスとサーチコンソールの連動のさせかた(必要な分だけ) FB 広告 最適化にあたって必要になってくるツールがグーグルアナリティクスとサーチコンソール。別にグーグルのアナリティクス、サーチコンソールでなくてもアクセス解析はできるんだけど、グーグルはユーザー囲

FB 広告 最適化~グーグルアナリティクスの使い方(必要な分だけ)

FB 広告 最適化~グーグルアナリティクスの使い方(必要な分だけ) FB 広告 最適化にあたって必要になってくるツールがグーグルアナリティクス。別にグーグルのアナリティクスでなくてもアクセス解析はできるんだけど、グーグルはユーザー囲い込みの為他のアクセス解析では見せな

FB 広告 最適化~グーグルサーチコンソールの使い方(必要な分だけ)

FB 広告 最適化~グーグルサーチコンソールの使い方(必要な分だけ) FB 広告 最適化にあたって必要になってくるツールがグーグルサーチコンソール。別にグーグルのサーチコンソールでなくてもいいんだけど、グーグルはユーザー囲い込みの為他のアクセス解析では見せなくしたキーワ

FB 広告 最適化~グーグルのアクセス解析の基本

FB 広告 最適化~グーグルのアクセス解析の基本 FB広告を最適化するためには、アクセス解析が重要なカギを握ります。FB広告から当該ページに飛んでくるときURLにオプションを付けることができます。このURLにつけたオプションを使ってどの広告から、どん