HTML,CSS,PHP,ワードプレスカスタマイズ 技術情報資料

wordpressのデータベース バックアップ(保存)/リカバリー(復元) phpmyadmin が、だめなら、この方法があります。

スポンサーリンク

wordpressのデータベース バックアップ(保存)/リカバリー(復元) phpMyAdmin の
エクスポート、インポートが、だめなら、この方法があります。

wordpressのデータベース バックアップ(保存)/リカバリー(復元) となると
phpMyAdmin が最もスタンダードで、最も安全な方法。

だけど、データベースが大きくなると phpMyAdmin のエクスポートはうまくいっても
インポートで失敗します。

FTPでアップロードしたファイルを処理してくれないかな~と思いますよね?


wordpressのデータベース バックアップ(保存)/リカバリー(復元) phpmyadmin が、だめな時の方法


それは、つまり、phpMyAdmin の中で使っている(たぶん)、mysqldump と mysql という mySQLのコマンドを使う方法。

多くのサイトで、この方法を公開しているんですけど、サーバーに入らないといけないとか
telnet とか、わけわかめの単語やサーバーがサポートしていないコマンドとか敷居が高い説明。

自分じゃできないと思ってしまいます。

でも、このサイトでは、そんな方でもできる方法にして書きました。

必要な情報は、
・データべースユーザー名
・データベースパスワード
・データベース名
・データベースホスト

これはね、wp-confing.php に書かれてるから、 FTPでサーバーに入って
wp-config.php をダウンロードしてみてください。



wordpress のデータベースをバックアップするコマンドは、mysqldump というコマンド


で、普通書かれているのは、mysqldump のパラメータ。

このサイトでは書きません。

その代り、

#!/usr/bin/perl —
#
#
$username = ""; # -u : ユーザー名
$password = ""; # -p : パスワード
$localhost= ""; # -h : ホスト
$databese = ""; # databasename : 特定のデータベース
$cmd_line = "";
$cmd_line.= "mysqldump";
$cmd_line.= " -u ".$username; #username";
$cmd_line.= " -p" .$password; #password";
$cmd_line.= " -h ".$localhost; #databasehost";
$cmd_line.= " " .$databese; #databasename";
$cmd_line.= " > mysqldump.sql";
system($cmd_line);
#———————————————————–
# ENDING VIEW
#———————————————————–
print "Content-type: text/html\n\n";
print <<"EOM";
<HTML>
<HEAD>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=x-sjis">
<TITLE>$htmltitle</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
SAVE END.
</BODY>
</HTML>
EOM
}
# ============================================================================


上のソースをコピーして、テキストエディタ(できれば、テラパッド)、(メモ帳とかワードじゃダメ)に張り付けて、


この部分をあなたのデータベースの情報に書き換えてから
$username = “ここにデータベースユーザー名”; # -u : ユーザー名
$password = “ここにパスワード”; # -p : パスワード
$localhost= “ここにホスト”; # -h : ホスト
$databese = “ここにデータベース名”; # databasename : 特定のデータベース
UTF-8 で保存します。(ダブルクォートの間に値を書いてください。でないと文法エラーで落ちます)

テラパッド(検索すれば窓の杜などでダウンロード先が表示されます)のUTF-8保存は、↓のようにします。




保存ファイル名は、dbsave.cgi という名前にしてください(別になんでもかまわないけど拡張子は perl コマンドであることをはっきりさせないといけないので .cgi もしくは、.pl)

このテラパッドで保存したファイルをサーバーにアップロードして起動します。

起動した時点でバックアップが行われます。


上記は、perl の場合、php の場合は、
<?php
$username = ""; // -u : ユーザー名
$password = ""; // -p : パスワード
$localhost= ""; // -h : ホスト
$databese = ""; // databasename : 特定のデータベース
$cmd_line = "";
$cmd_line.= "mysqldump";
$cmd_line.= " -u ".$username; //username";
$cmd_line.= " -p" .$password; //password";
$cmd_line.= " -h ".$localhost; //databasehost";
$cmd_line.= " " .$databese; //databasename";
$cmd_line.= " > mysqldump.sql";
$stat = exec($cmd_line);
?>
<HTML>
<HEAD>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=x-sjis">
<TITLE>$htmltitle</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
SAVE END. STAT=<?php echo $stat; ?>
</BODY>
</HTML>
<?php
}
?>



wordpressのデータベース リカバリー(復元) phpmyadmin が、だめなら、この方法


バックアップ同様でリカバリー先のサーバーに空のデータベースを作っておいて、
上のプログラムの情報を設定してから、以下の部分を書き換えて 例えば、dbload.cgi とか
recovery.php とか適当名前をつけて起動します。
<?php
$username = ""; # -u : ユーザー名
$password = ""; # -p : パスワード
$localhost= ""; # -h : ホスト
$databese = ""; # databasename : 特定のデータベース
$cmd_line = "";
$cmd_line.= "mysql"; // mysqldump ではなく mysql に変更
$cmd_line.= " -u ".$username; #username";
$cmd_line.= " -p" .$password; #password";
$cmd_line.= " -h ".$localhost; #databasehost";
$cmd_line.= " " .$databese; #databasename";
$cmd_line.= " < mysqldump.sql"; // > ではなく < に変更
$stat = exec($cmd_line);
?>
<HTML>
<HEAD>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=x-sjis">
<TITLE>$htmltitle</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
SAVE END. STAT=<?php echo $stat; ?>
</BODY>
</HTML>
<?php
}
?>




wordpressのデータベース バックアップ(保存)/リカバリー(復元) phpmyadmin が、だめなら、この方法のまとめ


基本、多くのサイト出の情報が、サーバーに依存するとか情報が敷居高く書かれているだけで、シェルコマンドで実行できるコマンドでMySqlはバックアップもリカバリーも出来てしまいます。

あとは、出来上がったファイルをFTPで新しいサーバーにもっていってリカバリーすればいい。

拍子抜けするほど簡単です。

さらに細かな設定をしたくなったら、サイト上のパラメータ説明を読んでください。

mysqldump も mysql もいろんな設定ができます。

逆にいうと phpMyAdmin のエクスポート、インポートがなんであんなに選択枝があるのかも理解できると思います。

設定しなければ、単に データベースユーザー名、パスワード、データベース名、ホストの指定だけ。

入っているデータベース全部なら データベース名の代わりに -A としてあげるだけで根こそぎバックアップ、リカバリーができちゃいます。

しかも、サーバー上で完結するので高速。

phpMyAsmin のエクスポート、インポートで失敗したら、一度は、この方法にチャレンジしてください。


ただ、ワードプレスが生きている状態でのバックアップ、リカバリーならば、普通に プラグインを使った方が楽です。

wordpress 引っ越し プラグイン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

よく使うタグ

・float クリア
<br clear="all"><div style="clear:both;" class="clearfix"></div>
・角丸め
round-radius
border-radius:5px; -webkit-border-radius:10px; -moz-border-radius:10px;
・div box
overflow:scroll;min-width:300px;max-width:300px;min-height:300px;max-height:300px;
・TEXTAREAリサイズ
resize: vertical;
・サイトURL
home_url() // http://…
if(site_url()==home_url){
$shorturl_yuzu_path = substr(ABSPATH,0,strpos( ABSPATH, substr(site_url(),strlen(home_url()) ) ) ).’/’;
}else{
$shorturl_yuzu_path = ABSPATH.’/’;
}
// /var/…
・WP HOME URL
site_url() // http://…/wp
ABSPATH // /var/…/wp
・プラグイン(自分のDIR追加必要)
plugins_url() // http://…/plugins
WP_PLUGIN_URL // http://…/plugins
WP_PLUGIN_DIR // /var/…/plugins
・使用中のテーマ
get_template_directory_uri() // http://…/theme/xx
get_template_directory() // /var/…/theme/xx
・wp-content
content_url() // http://…/wp-content
WP_CONTENT_DIR // /var/…/wp-content
・画像URLからDIR変換
$pctdir=str_replace(content_url(), WP_CONTENT_DIR,$pcturl);
・パス名分解
$pathData = pathinfo($file);
echo $pathData["dirname"]; // /var/~
echo $pathData["filename"]; // xxx
echo $pathData["extension"]; // txt
echo $pathData["basename"]; // xxx.txt
・画像サイズ
list($width,$height) = getimagesize($url);
if(has_post_thumbnail()){
$thumbnail_id = get_post_thumbnail_id();
$thumbnail_img = wp_get_attachment_image_src( $thumbnail_id , ‘full’ );
$src = $image[0]; //url
$width = $image[1]; //横幅
$height = $image[2]; //高さ
・画像サイズ比率
list($src_w,$src_h) = getimagesize($file);
$dst_w = 600;$dst_h = 0;
$dst_h = ($dst_w!=0)?(intval(($src_h*$dst_w)/$src_w )):(($dst_h!=0)?(intval(($src_w*$dst_h)/$src_h)):0);
・疑似要素順
link visited hover active


特殊文字
シングルクォート : &#39;
ダブルクォート : &quot;
WP設定内表示前処理(htmlタグ許可項目)
$str = str_replace(‘<','&lt;' ,$str);
$str = str_replace(‘>’,’&gt;’ ,$str);
$str = str_replace(‘\”‘,’&quot;’,$str);
$str = str_replace(“\'”,’&#39;’ ,$str);
WO設定項目表示前処理(htmlタグ許可項目)
$str = str_replace(‘\”‘,'”‘,$str);
$str = str_replace(“\'”,”‘”,$str);
・テーマ
get_theme_root_uri()
get_theme_root()
・WP 情報
get_bloginfo( $show )
・Wp config FTP 情報 設置
define( ‘FTP_HOST’, ‘host’ );
define( ‘FTP_USER’, ‘id’ );
define( ‘FTP_PASS’, ‘pw’ );
define( ‘FTP_SSL’, false );
弾に使う
placeholder:ユーザー入力補助

カテゴリー

flexbox インストールなど面倒なことなしにDIV BOX を横に並べるクラス

flexbox インストールなど面倒なことなしにDIV BOX を横に並べるクラス flexbox は、div の box を横に並べるためのブラウザに標準装備されてるクラス。乱暴な言い方すればそういうことです。現場では細かいことはどうでもよくて、とにかく簡単に DIV BOX を横

vba タスクに IE が残る

vba タスクに IE が残る vba タスクに IE が残る。VBAでブラウザ経由でサイトのページの情報を拾い上げる技は結構使いますよね?私だけ?wwwそうすると、なぜかvba タスクに IE が残っていて、繰り返し利用するとどん

wp datepicker 特定の項目で動かない。

wp datepicker 特定の項目で動かない。 ワードプレスでつかえる datepicker は、とっても簡単につかえて便利なライブラリーです。javascript は、なれないとデバッグに時間がかかり気持ち的にすごく敷居が高い気がしますがわかって

プラグインの管理画面でHTMLの入力を許すフィールドの扱い方

プラグインの管理画面でHTMLの入力を許すフィールドの扱い方 ワードプレスのプラグインを書いていると、HTMLタグを入力できるフィールドを作りたくなりますよね?例えば、ページにデータを表示するときにその書式を入力さえるとか。例えば、これはワードプレスのプラグイン

ワードプレスのフッターにある jQueryの読み込みをヘッダーで出力させる

ワードプレスのフッターにある jQueryの読み込みをヘッダーで出力させる ワードプレスのフッターにあるjQueryの読み込みをヘッダーで出力させる必要ができました。simplecity の後継ともいわれる ワードプレスのテーマ cocoon のカスタマイズです。cocoon

ワードプレスで jQuery の後に script を読み込ませる方法(動的スクリプトもOK)

ワードプレスで jQuery の後に script を読み込ませる方法(動的スクリプトもOK) ワードプレスで jQuery の後に script を読み込ませる方法、これは動的スクリプトも可能な方法です。ワードプレスのプラグインで動くシステムを開発していたところ、ユーザーインターフェイスでどう