HTML,CSS,PHP,ワードプレスカスタマイズ 技術情報資料

FB 広告 最適化~グーグルアナリティクスの使い方(必要な分だけ)

FB 広告 最適化にあたって必要になってくるツールがグーグルアナリティクス。
別にグーグルのアナリティクスでなくてもアクセス解析はできるんだけど、グーグルはユーザー囲い込みの為他のアクセス解析では見せなくしたキーワードが見えるようになっているので非常にわかりにくいク●なツールだけど仕方なく使う。

こういうユーザーフレンドリーに欠けた設計のツールを強要するグーグルにはほんとむかつきます。
でもまぁ、仕方ないので、その使い方(必要な分だけ)を説明します。

用語等々は、グーグルの使う意味不明の造語ではなく、一般的に使っている言葉で説明しますので意味合い的には若干正確性に欠くと思ってください。

イメージが伝わることを最優先にします。


グーグルアナリティクスにサイトを登録する

いまさらなのでグーグルアナリティクスのアカウント登録は省きます。
GMailとかつかっているとそのIDがそのまま生きますので登録に面倒ないとこはないでしょう。

それよりも、解析したサイトの登録を理解するのが結構やっかい。


グーグルアナリティクスに「サイトを登録するリンクが見当たらない」。
そうなんですよ。一番最初に行うことが表示されていないってのが技術者のエゴ。
そこは、メインの機能ではない普通のことだから「管理」に投げ込んでオケと。

ということで、グーグルアナリティクスへサイトを登録するのは「管理」をクリックします。


グーグルアナリティクスにサイト管理構造

グーグルアナリティクスでは、サイト=プロパティと読み替えてください。
そして、そのサイトがいくつか集まったものを、アカウント=グループと読み替えます。

そうすると以下の「アカウントの作成」「プロパティの作成」の意味が理解できると思います。


グーグルアナリティクスにサイトを登録する

アカウント作成で「アカウント=グループ」と1つの「プロパティ=サイト」を登録することができます。

業種とかってあまり気にしなくていいです。とりあえず、なんとなくそんな感じのサイトってことで選択してください。
「トラッキングの取得」をクリックすると、あんたのデータはグーグルのものだからって認めなさいという著作系の放棄をせまってきます。

はいはい、どうぞご勝手に。ってことで「わかった」にしておきますとトラッキングが取得できます。



グーグルアナリティクスのトラッキングコードをサイトへ貼り付ける。

忘れてもプロパティから再度受け取れますけど、とりあえずトラッキングコードをコピーして、サイトへ貼り付けます。
サイトがHTMLで作られている場合、すべてのページへこのトラッキングコードを貼り付ける必要がありますので注意してください。

ワードプレスのサイトの場合、プラグインなどもありますし、footer.php の </body> の直前に張り付けるだけでOKです。





スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

カテゴリー